もうひとつの旅クラブ もうひとつの旅クラブ

旅クラブ活動

アーティストの隠れ家を訪ねる・梅香 レポート[1]

実施日:平成22年9月11日(土)

「暮らしやすい下町の魅力に潜む、クリエイティブな刺激を楽しむ、此花移住下見ツアー」

というフレーズで,2010年9月11日(土)に計19名(子供4名含む)で実施されました。
大阪まち遊学2010の第4回目であるこのツアーは岸田が担当させて頂きました。

「此花区・梅香地区になぜ沢山のアーティストが集まるのか?」こんな素朴な疑問がまず浮かびます。それは、
 ①梅田、難波にも近く便利なのに家賃がすこぶる安い!
 ②地元に協力的な不動産屋さんが存在する!
 ③商店街や銭湯など昔ながらの「まちに暮らす」という感覚が残っていて若い人には新鮮!
というのが主な理由だそう。では、大阪まち遊学、スタート!

 


梅香ツアーはJR環状線・西九条駅に集合


スタッフ・脇さんのコスチュームはアーティスト。スケッチブックやクレヨンと共に。


西九条駅前を過ぎるといきなり路地。路地を抜けると大阪市立咲くやこの花中学校・高等学校が。この学校は大阪市立で初めての中高一貫校。昭和44年まで塩水港精糖という工場があり、地元では塩水港(えんすいこう)グラウンドと呼ばれていた。 


六軒家川を渡る。かつての春日出発電所「お化け煙突」の紹介。


一軒目の立ち寄り場所、梅香堂へ。え、この建物が隠れ家?まさに隠れ家っぽいけど・・・ 


梅香堂。元は芸術大学の学芸課程の先生だった後々田さんというキューレータが開設した川沿いの倉庫を改装した現代アートスペース。当日はまち遊学のためスペシャルなしつらえ。 


こんな階段を使います。 


お次は梅香堂お向かいの、宮本マンション。写真は1階「+arts konohana banks」というNPOプラスアーツによる発信拠点。毎月ワークショップを開催中。

■アーティストの隠れ家を訪ねる・梅香 レポート[1] [2] [3]

大阪まち遊学2010
大阪まち遊学2009
大阪まち遊学2008
大阪まち遊学2007

旅クラブ活動

What's New!

旅クラブ通信

お問い合わせ